フォト

勝手に汚部屋仲間

  • みんな頑張れ!!
無料ブログはココログ

トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

現状 其の3 魔境

かーさんが、

いや、DD家が目指すトコロはどこなのか?

抽象的に言えば 「心地の良い住まい」とでも言うのでしょうか。



元々気分屋なかーさんですが

お部屋が(それなりに)片付いている時は、子どもたちにも優しくできたりします。

子どもたちもしかり。

兄弟ゲンカや、大小の諍いが増えてくるのは

やっぱり居心地の良い住まいを提供できていないかーさんのせいなのだと思います。

この汚家のどこから手を付けるのか、それはまだノープランだと書きました。

いろいろな方法があると思うし

少しずつでも進めていく過程で、変わっていくこともあるのかなと思うからです。

間違ったやり方で撃沈するかもしれません。

でも、それをバネに進んでいける、強いかーさんになれるといいな。

それに、このブログを読んでくださる方(いらっしゃるのかな?)からのアドバイスなんかも

期待しちゃったりしています。

ただ、最終目標はあります。

それはこの魔境を、娘の部屋に作り変えることです。

↓ で~んっ!

110728_072758

↓ででで~んっ!!!

110728_072828

ここは一応子ども部屋のはずですが

今は 魔境  物置部屋と化しています。

とりあえず、なんでも突っ込み部屋です。

期限はどうしましょうか。

娘(中2)は「高校生になったら自分の部屋が欲しい。」と言っていますが

かーさんとしては、落ち着いた部屋で受験勉強をさせてあげたいという希望があります。

とすると、夏休みから本格的に受験勉強を始めるとして(遅いですね・・汗)

最長でも1年後までにはなんとかしなくては。

さてさて、どうなることやら。

【おまけ】

魔境の番人

110728_072817

DD家の3男坊。

現状 其の2 リビングダイニング

思い切って汚部屋を披露したら、なんだか調子が出てきました(笑)

【リビングダイニング編】

リビング側

110727_074351_2

もう8月になろうとしているのに、まだホットカーペットが鎮座しています。

テーブルの上は無法地帯。

テーブルの下も無法地帯。

これではくつろげません。

わかっているのに、どうして片付けられないのでしょう。





ダイニング側


110727_074402

ここにもまだ冬の名残が(笑)

画像では見えませんが、右側の出窓部分が娘のスペース(とは言ってもモノ置き場)になっています。

後日お話することになりますが、娘の部屋になるべき部屋は

それはそれは恐ろしいことになっているからです。




カウンター部分

110727_074417

モノ置き場と化し、機能していないカウンター。


110727_074430

カウンターからキッチンにつながるところ。

このウッドラックは少し前に片付けをしました(これでも)




110727_074504

リビングにあるメタルハンガーラック。

本当は外出から帰った時の、コートやバッグの一時置き場として設置したのですが

いつのまにかこんな惨状に。


110727_074517_2 

ここも自分の部屋を持たない(持てない)娘のコーナー。

メタルハンガーラックの横にあります。

学校の通学カバンは目隠しさせていただきました。

さすがかーさんの娘。

見事な汚しっぷりです。

笑っている場合じゃありません。

こんな娘に育ててしまったかーさんの責任です。

お嫁に行くまでには、なんとか普通の娘になって欲しい。

現状 其の1 サニタリー

わずかに残る羞恥心。

羞恥心とは違うのかな。

恥ずかしいのなら、きちんと生活すれはいいのです。

恥ずべきものは今の現状ではなく

ここまで放置してしまった弱い心。

言い訳だらけの毎日。

少しづつ、そんなかーさんからも卒業していきたいです。






現在のDD家(の一部)

【サニタリー編】

110727_074109_2

洗面&脱衣所

110727_074155

引き出しボックスの上。

ほとんど使っていないものばかりです。

しかも、

新し物好きで、すぐ買ってしまうくせに

ヘアケア用品や化粧品類を最後まで使い切ったことがありません。

110727_074119

洗面所側。

ちょっと前にお掃除だけはしました。

でも、壁面収納の中身はやっぱり使っていないもののオンパレード。

110727_074206

収納ボックスと洗面台の間。

ず~っと昔(もう10年以上)前にやっていた生協の発泡スチロールの箱が2個重なっています。

中身は・・・・・思い出せません(笑)

どうやって汚掃除を進めていくか、今の段階ではまだノープランです。

っていうか、迷っています。

やはり狭い(小さい)ここから攻めていくのが王道なのでしょうか。

前に進む

書きたいことがたくさんあります。

昨日は、なにを書けばいいのか悩んでいて、結局更新できませんでした。

本当なら、ことのあらましを最初からお話すればいいのでしょうけれど

ボキャブラリーの無いかーさんのことです、

いつになったら本題に入れるのか・・・。

せっかく出てきたやる気が萎えてしまいそうです(笑)



なので、とりあえず現状を暴露しつつ

それに付属する徒然は、思いつくままに書いていくことにします。



ホントはまだ少し迷ってます。

でも、現実から目を背けてはいけませんよね。

2011年7月27日 (水)

かーさんと断捨離 其の2

ある方の汚部屋ブログを読んでいた時に

「断捨離」を知りました。

本来、かーさんは好んで本は読みません。

老眼の進行が著しい近年はさらに・・・。

なになに?  ダンシャリ?

なんか仏教みたいな? 



~ダンシャリ~


その不思議な響きに惹かれ

リンクをポチってアマゾンでご購入!!

83872052_2

これでかーさんも ダンシャリアン の仲間入り???

かーさんと断捨離 其の1

さて、とーさんのことを書いていても本題に入れないので(不平不満ばかりでブログが埋まってしまいそうです)

DD一家のことは追々書いていくとして

かーさんと断捨離との出会いについて。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

「家庭訪問が毎月あればいいよね~。」

幾度となく聞く子どもたちのセリフです。

そう、家庭訪問の時だけ片付くDD家。

もちろん部屋限定ですが。

玄関から和室

そして、万が一トイレを借りたいとおっしゃった時のために

トイレの掃除も抜け目なく。



しかし、当然のことながらやっつけ仕事なので

その状態が長く保たれることはありません。

玄関に飾ったお花が枯れても

そのまま放置されるのです。




かーさんだって、それでいいと思っているわけではありません。

でも身体が動かない・・・・・。気持ちが動かない・・・・・。

そんなかーさんですが、ひと様の汚部屋ブログを訪問するのは好きでした。

くしくも世間は「汚」ブーム。

「汚ギャル」とか「汚部屋」とか。

雑誌やテレビでも、特集が組まれたりしてましたね。

「え~、これはありえないでしょ!!」




自分ちだってたいして変わらないくせに。



そんな時に出会ったのが「断捨離」でした。

2011年7月26日 (火)

DD一家のこと 其の2(とーさん)

とーさんとかーさんは同い年だけど

かーさんは俗に言う「姉御肌」タイプ。

付き合っていた頃から、かーさんはとーさんの世話を焼くのが好きだった。

でも、それはとーさんの作戦だったのかもしれない。

新婚当初からその片鱗はあった。

洗車するのはいつもかーさん。

もちろんとーさんの車も。

重い灯油を運ぶのもかーさん。

妊娠中もかーさんが運んでた。




かーさんが用事で遅くなる時、夕飯の準備をして出かけようとすると

「たまにはカップラーメンでいいよ。」と言うとーさん。

しかし、かーさんが帰ってくるとテーブルの上にはカップラーメンが(未食)

「???」

「お湯沸かして。」

・・・・・・・・・・・。

お湯を沸かすのが面倒だったらしい(呆)

DD一家のこと 其の1

DD家は5人家族。

プラスにゃんこさまが3匹。

とーさんは、この春から単身赴任中(嬉)

元々、職場結婚だった かーさん&とーさん。

女にマメでないとーさんに、甲斐甲斐しく世話を焼くかーさん。

あの頃はそれが幸せだったな(遠い目)

今思うと、あれが悪夢の始まり?

とーさんは「女にマメでない」わけではなく

人として「思いやりがない」人間だったのだ。




気づくの遅かったね、かーさん。

ブログを始めるにあたり

俗に言う、汚部屋住人です。

しかも大女。

ダンナ(とーさん)もいるし子どももいます。

表向きはフツーに暮らしていますが、家に人を呼ぶには

最低1週間の猶予が必要です。

ホントは1ヶ月と言いたいところですが

あまりに早く取り掛かると、肝心の来客の際には元に戻ってしまってます。

これじゃいけない!!ずっと思い続けてきました。

・熱しやすく冷めやすい

・根性がない

・根気がない

・あきっぽい

・見栄っ張り




いいトコロなんて皆無なかーさんですが

多くの汚部屋ブロガーの方々のように

自らの醜態を世間に晒すことで、モチベーションを上げることができるのでしょうか。

なんて書きながら、実はまだ決心が揺らいでいます。

打たれ弱いので、生温かく見守ってくださると嬉しいです。

トップページ | 2011年8月 »